ひとり観戦のススメ

はじめに…

ひとり野球観戦。

一番大事なことは、楽しむ方法を見つけておくこと。

①外野で思いっきり、声を出して、応援をする

②内野で迫力あるプレーをまったり観察する

③カメラを持参して、選手のプレーを記録に残す

どのような方法でも楽しむことはできます。

 

それぞれの内容に関して、

記載していきます。

 

細かい内容は今後、

公開してければと思います。

 

①外野で思いっきり声を出して、応援をする

ある意味、一人で行くには

一番、おすすめの方法です。

 

事前に応援歌を覚えていったり、

お気に入りの選手のユニフォームをそろえていくことで、

より一体感を楽しむことができます。

 

応援しているチームのホームランや

勝利の瞬間に、

周りの方とハイタッチできる、

盛り上がりは現地ならではです!

 

②内野で迫力あるプレーをまったり観察する

マウンドやバッターボックスに近い環境で

迫力あるプレーをまったり観察しましょう。

 

テレビでは見られない、

ベンチの様子やお気に入りの選手の動きをずっと追うことができます。

 

お友達とまったり話しながら、

観戦するのにも、この内野での観戦がオススメです。

 

内野席での一人観戦のメリットは、

グランドにより近い位置のチケットを

とれる確率が高い点です。

 

チケット販売からある程度時間がたっていても、

内野の前の方の一つだけ、席が開いている場合があります。

 

多少、お高めのチケット代金でも

その値段以上の迫力を味わえるので、

ぜひ、試してみてください。

 

③カメラを持参して、選手のプレーを記録に残す

個人的には、一番おすすめの楽しみ方です。

 

これは特に、球場近くに住んでいたり、

時間を多くとれる環境にいたりと、

スタジアムに繰り返し行ける方には特におすすめできます。

 

一人で行く際、

勝てばもちろん楽しいですが、

時として、

負けてしまうこともあります。

 

数を重ねれば、

勝利の数も増えますが、

敗戦の数も増えます。

 

そういった場合に、

チームの勝敗に左右されない楽しみ方

 

それが、カメラを持参して、

選手を収めることだと感じています。

 

勝敗に関係なく、

選手は毎試合、必死に戦っています。

 

そんな選手の姿を追っていると、

いろいろな一面を発見できることもあります。

 

ぜひ、お気に入りの選手を見つけて、

カメラにおさめてはいかがでしょうか。

 

④最後に…

現地観戦の楽しみは、

現地でしか味わえません!

 

躊躇している皆さんは、

ぜひ、球場に足を運びましょう!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。